License Data

あなたは
1 4 7 9 0 0 8
人目のお客様です。 (本日73人目、昨日466人) (from 2007-09-30)

認定電気工事従事者 国家資格 業務独占 講習受講要

工場やビルなどの自家用電気工作物のうち、簡易電気工事(電圧600V以下で使用する自家用電気工作物(最大電力500kw未満の需要設備))を行うことができる資格
平たく言えば、第1種電気工事士のテリトリの中の低圧部限定免許

資格名 認定電気工事従事者
主務官庁 経済産業省
試験機関 電気工事技術講習センター
受講資格 第2種電気工事士 または 電気主任技術者
講習内容 1日間4科目計260分の座学講習、工具は不要。
①配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 ②電気工事の施工方法
③自家用電気工作物の検査方法 ④自家用電気工作物の保安に関する法令
修了検定は無い。
講習地 H27下期は 札幌、仙台、新潟、宇都宮、前橋、さいたま、東京、横浜、浜松
名古屋、津、富山、大阪、神戸、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇
H27上期、H26上期は 札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡
H26下期、H25下期は 上記に加え、那覇
(開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方
受講料 12,500円、別途経産省への免状申請に4,700円の印紙要
認定による取得 ①第1種電気工事士試験合格者は受講不要で即認定申請可能
②第2種電気工事士/電気主任技術者は3年の実務経験あれば受講なしで認定申請
参考 フリー百科事典 ウィキペディアへのリンク

直近の試験日程 (年は試験日基準、旬表示の日程は前年実績より推定)

※日程は必ず主催者発表を確認下さい
受付開始 締切 受験初日 種別
2018年 11月1日(水) 12月1日(金) 3月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
3月下旬 4月中旬 7月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
2019年 11月上旬 11月下旬 3月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
3月下旬 4月中旬 7月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
2020年 11月上旬 11月下旬 3月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
3月下旬 4月中旬 7月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)
2021年 11月上旬 11月下旬 3月上旬 (講習/開講日は場所により異なるので試験サイトにて確認方)

他の資格との科目免除関連表

この資格受験時の他資格による科目免除及び この資格所持で得られる他資格の科目免除一覧です

※表中、ランク空白はすべての種別を表します。
挑戦資格名 ランク 所持資格名 ランク 免除科目 備考
認定電気工事従事者 電気工事士 第一種 全免除 合格のみ可
第二種 講習受講資格
電気主任技術者

筆者の受験感想

取得年月 H21年3月
受講年月 H21年3月
予備知識 電験3種/電工2種合格
使用教材 当日テキストが配布される。
受講有資格者(特に現場経験者)ならすでに知っているだろうと思われる内容ばかり
だが、最低限の知識を各自で担保、確認しなさいとの意味かと。
受講感想 正直、眠たい講習だった。寝ていた受講者もいた。
講師より自分の方が詳しいと思った受講者も多く、鋭い突っ込みが入っていた。 上記目的だからやむを得ないのだろう

ichmy本家サイト

資格取るぞのこーなー